ハイカラスポット探訪マガジン

NEW POST

ポストとスポットって似てるな...

県別スポット

なぜか岡山県多めw なんでだ。

ディープミュージアム

【ディープミュージアム】カブトガニ博物館 -世界でもここだけ!カブトガニ超特化型博物館!【岡山県】

岡山県笠岡市にあるディープミュージアムのカブトガニ博物館。男の子はみんな大好きカブトムシ(大人になってからは触れない方も多いと思うけども)しかり、カブトという名称を与えられた生物はなぜかかっこいいものである。そんなかっこいいカブトの代表格カブトガニのディープミュージアムを探索。

笠岡市立カブトガニ博物館 1F

前回紹介したカブニくんの本拠地に潜入。

それは、世界で唯一のカブトガニに特化した博物館。

それが「笠岡市立カブトガニ博物館」

カブトガニのカニ繋がりでカニのグッズが並ぶところから展示がはじまっていく。

(正確にはカニの仲間ではなくて、クモやサソリに近い生き物だけども)

館内はカブトガニの生態について細かに解説されている。

カブトガニは年に1回脱皮をして大きくなる。

そして最後の脱皮でオスになるかメスになるか決まるとのことである。

生きたカブトガニ発見!

ここはカブトガニ水槽。数匹のカブトガニがここで暮らしている。

この子達、がっちり掴んで離しません。

カブトガニはつがいで行動する習性がある。

行動の主導権は後ろのオス。

ごはんを食べる順番はメスが先。

一生懸命起き上がろうとする子がいました。

余裕のダブルピースv。。v

巨大カブトガニ発見!

ロボットカブトガニを操縦できるのは世界でここだけだと思う。

これ、動きが超リアル。少しグロテスクだけども、足の動きをコマ送りで観察できる装置。

笠岡市立カブトガニ博物館 2F

2Fに上がると、生きた化石であるカブトガニと同じ時代を生きた恐竜の展示が並ぶ。

2Fへ行くスロープは恐竜の化石が盛りだくさん。名前はダイノスロープというらしい。かっこいいなw

この画像何かわかりませんよね。

コレは、カブトガニの這い跡の化石

見つけた人すごい。

買っちゃった、カブトガニの脱皮殻3種類。

コレは博物館入り口の券売兼用のミュージアムショップで絶賛販売中。

カブトガニが気になりだす博物館。

そんな、ハイカラスポット。

日刊ハイカラダイブ第268回の冊子版

日刊ハイカラダイブ第268回カブトガニ博物館

アクセス

カブトガニ博物館
所在地:〒714-0043 岡山県笠岡市横島1946−2
営業時間:9:00 - 17:00(月曜日定休)
  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
カラジロウ

ダイバー2号。 マンホール、レトロなもの、変なオブジェが好き。 収集癖がある。 街中にあるアートを探して、いつもキョロキョロしながら歩いてます。

  1. 【廃墟】くじら館跡 -山の上の巨大モニュメント【山口県】

  2. 【珍スポット】玉島プレイランド -見たことのないキディライドがてんこ盛り!【岡山県】

  3. 【マンホール】カラーマンホール岡山編 第2弾

コメント

この記事へのコメントはありません。

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP