ハイカラスポット探訪マガジン

NEW POST

ポストとスポットって似てるな...

県別スポット

なぜか岡山県多めw なんでだ。

廃墟

【廃墟】屋島ケーブル -50年間動き続けた昭和遺産- 【香川県】

香川県高松市にあったハイカラスポット、屋島ケーブルを探索。

屋島ケーブルとは?

新世紀エヴァンゲリオン第六話のヤシマ作戦の名前の由来である、屋島の戦いの舞台となった屋島にある、屋島ケーブル。

高松市の屋島の麓に見えてきたのは、四国第八十四番霊場の屋島寺などの足になっていた屋島ケーブルの屋島登山口駅の乗り口。

何これ。なんか、気になる。この廃墟。

屋島ケーブル年表と路線データ

屋島ケーブル年表

1927年11月 屋島登山鉄道株式会社設立
1929年4月 屋島神社前〜屋島南嶺 間開通
1944年2月 不要不急線として休止
1950年4月 営業再開(この時に現在、麓の駅に停車しているケーブルカーが稼働した模様)
2004年10月 営業休止
2005年8月 廃線

路線データ

路線距離:0.8km
駅数:2駅
高低差:265m
速度:時速9km
定員:121名

廃線の原因は2001年に親会社の高松琴平電気鉄道の民事再生法により、グループの支援を得られなかったことに加え、屋島観光の衰退に伴う利用客減少で収支が悪化。

昭和35年には利用者数195万人!すごい!しかも、平成元年でも174万人!

水木しげるロード並みの客数。

利用客数が減少するのは翌年の昭和36年から。なんと、ドライブウェイが開通。車なら半額以下で行けるというのが大きな要因だそう。往復で1300円片道5分。やはり時代か。

当時は屋島山上まで徒歩で1時間かかるところを5分で行き来できるため、観光ケーブルとして大いに賑わいを見せていた。

屋島ケーブル

車で到着できる廃墟としては優秀なのか。すぐ近くに停車することができる。

それにしても、今も動いてそうなケーブルカーの色。

それでは、中を拝見。

計器類やら、いろんな備品が転がっている。

二両あるのは、二両編成というわけではなく、もともとココ屋島登山口駅に停まっていた「義経号」と屋島山上駅に停まっていた「辨慶号」が繋がっているため。

災害時に「辨慶号」が滑落する危険があった為、引き下ろされているようだ。

なので、互いに行き来することは出来ない。一旦降りてから乗り直すような形になっている。

そして、先ほどから気になっているケーブルカーの色も1015年に塗装し直されているようで、元とは違うグリーン色になっている。

よく見ていくと、朽ち果てつつある様が観察できる。

ケーブルカー運転再開を求める声も多く、署名活動もされたケーブルカー。

現代だからこそ、復活して観光列車として活用されることを切に願う。

そんな、ハイカラスポット。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
ハイタロウ

ダイバー1号。 近代化建築初心者 廃墟・珍スポット・B級スポット探索が大好物。 時間があれば、変なスポットに行ってます。

  1. 【妖怪スポット】おにっ子ランド 日本最古の鬼伝説の残る町、伯耆町の遊園地跡地。【鳥取県】

  2. 【変な自販機】コレがみらいの主食!?昆虫食自販機【鳥取・岡山・愛媛】

  3. 【ディープミュージアム】多賀神社・凸凹神堂 | 世界一の珍スポット!?性文化資料宝物館【愛媛県】

コメント

この記事へのコメントはありません。

RECOMMEND

RELATED

PAGE TOP